建設業キャリアアップシステム(CCUS)

ファーストグループでは、一部上場企業様から地域の事業主様の各種許可申請までを高い品質でサポートさせていただきます。

建設業キャリアアップシステム(CCUS)の要点について解説致します。

建設許可申請関連ページ

建設キャリアアップシステム(CCUS)とは

2019年4月から運用が始まった建設キャリアアップ(以下CCUS)ですが、システムを管理する国土交通省では「令和5年(2023年)までに全ての工事でのCCUS完全実施」を目標に掲げ、様々な導入推進の施策を取っています。
民間事業者の間でもキャリアアップシステムの導入を現場入場の要件にしている元請業者が出始めており、今後の建設業界では対応が必須になっていくと想定されます。

登録のメリット

経審の評価点アップ

2021年4月から施行されている改正経審において、CCUSでレベルアップ判定を受けている技能者は加点評価されることとなっており、公共工事のために経審をあげたい事業者には大きなメリットがあります。

入札参加資格でのプラス評価

各都道府県の入札参加資格で、CCUS加入を評価基準にする自治体が増えています。現在評価基準を導入している都道府県と、これから導入を予定している都道府県を合わせると、全体の8割になるとの報道があります。

技能者の経験が蓄積される

これまでは民間事業者がそれぞれ管理していたシステムが業界統一ルールで運用されるため、技能者の保有資格、どのような工事を経験しているかなどの情報が統一データベースに蓄積され、適正に評価されることになります。

登録のデメリット

登録作業が面倒

キャリアアップシステムの登録は事業者登録と技能者登録に分かれますが、特に技能者登録にはかなり細かい情報を集めデータ入力する必要があるため、技能者(技術者、職人)が多く在籍している事業者では、かなりの工数がかかることが予想されます。

登録、維持に利用料金がかかる

事業者登録としては初回登録時と5年毎の更新時に登録料、管理者ID利用料(毎年)等がかかります。詳しくはキャリアアップシステムのサイトに記載があります。

登録が必須のケース

技能実習生を受け入れる場合

建設業で外国人技能実習生を受け入れる場合、技能実習計画を提出することになりますが、この提出にはCCUSへの登録が義務付けられています。今後新たな技能実習生を受け入れる場合には、登録がされていなければ手続きできません。

就労資格「特定技能」を受け入れる場合

新たな在留資格である「特定技能」で外国人労働者を雇用する場合も、CCUSへの登録が義務付けられています。雇用しようとする外国人が海外にいる場合など技能者登録ができない場合には、特定技能の就労ビザが交付され外国人が入国したあと速やかにCCUS登録する旨の念書等を提出することになります。

今後の予想

国土交通省では2023年までに全ての工事でCCUS完全実施を目標に、現場入場時の社保加入確認方法を原則的にCCUSに拠ること、経審で有利に点数が付与されることなど様々な施策を行うこととしています。

ちょうど数年前に「社会保険未加入業者を建設現場に入場させない」と方針を決め、実施してきたように、建設業キャリアアップシステムを通さず建設現場に入場すること、つまり建設業者であることは難しくなっていくと予想されます。

既に民間事業者でもキャリアアップシステムの登録を工事発注の要件にしている元請業者が出始めており、早めの対応が必要になっています。

ファーストグループの実績

事業者登録・技能者登録 電気工事業 / 技能者20名規模
事業者登録・技能者登録 一人親方(協力会の一括代行も承っております)
技能者登録(追加) 土木工事業 / 技能者100名規模の追加登録一括代行

サービスと代行費用

事業者登録 報酬額
44,000円
技能者登録 技能者数 報酬額
1〜10人 22,000円 / 1人
11〜20人 20,350円 / 1人
21〜30人 18,700円 / 1人
31人〜 16,500円 / 1人
実費を含めたシミュレーション

資本金500万円、技能者10名、インターネット申請の場合

項目 金額
事業者登録費用 6,000円
管理者ID 11,400円
技能者登録費用(簡易型) [2,500円×10人]25,000円
弊社報酬 44,000円+220,000円=264,000円
合計 306,400円

ヒアリングさせていただき、個別にお見積りしますのでお問合せください。

建設業キャリアアップシステムのよくいただくご質問

Q.キャリアアップシステムの登録は義務ですか?
A.今の段階では義務ではないのです。今後加入促進がもっとはっきり出てくると思われます。

Q.依頼する場合の書類のやり取りは?
A.事業者様のご都合に合わせて調整できます。メールでお送りいただく場合が多いですが、書類のコピーを郵送して場合や、登録件数が50名〜の場合専用サーバ等を使用させていただく等の対応が可能です。

Q.技能者がたくさんいますがアウトソージングできますか?
A.可能です。上場企業やそのグループ会社からご依頼をうけ入札参加資格の一括アウトソージング等の実績が豊富です(2020年度実績約3,000件)。キャリアアップシステムについても一括大量申請のシステムを構築しているところです。

ご依頼の流れ

お問い合わせ

STEP1 お問合せ

メールフォーム、またはお電話でお問合せください。

矢印
お打ち合わせ

STEP2 ヒアリング

事業規模、技能者数などのヒアリングを行います。

矢印
お見積りとご入金

STEP3 お見積りとご入金

お見積り後、ご依頼いただく際には着手金をご請求します。

矢印
データのご提供

STEP4 データのご提供

弊社からご案内する一覧に沿って貴社情報をご提供いただきます。

矢印
押印、申請等

STEP5 申請と修正対応等

いただいた情報を基に弊社で申請します。

矢印
登録通知交付、納品

STEP6 登録完了と納品

ICカードが発行されます。管理情報をまとめて納品致します。

まずはお気軽に無料相談から
ご相談内容に応じて、最適なご案内をさせていただきます。

お問い合わせ

初回の無料相談から対応しております。
お気軽にご相談ください。
【受付時間】平日9時~18時

東京オフィス

03-6680-0097

仙台オフィス

022-369-3153

メールでのご相談
予約は24時間受付

PAGETOP