経営事項審査の流れ

ファーストグループでは、一部上場企業様から地域の事業主様の各種許可申請までを高い品質でサポートさせていただきます。

経営事項審査の流れや建設業許可との関わり、受ける順番やスケジュールについて解説しております。

経営事項審査関連ページ

経営事項審査の流れ

建設業許可との関わり

経営事項審査は、建設業許可を受けていることが前提となります。まだ建設業許可をお持ちでない方は、先に建設業許可取得マニュアルをご覧ください。

経営事項審査を受ける順番
  • ①事業年度終了変更届
    (決算変更届)を提出

    建設業許可を受けた事業者は、決算後4ヶ月以内に前年の事業年度について、届出しなければなりません(税務署への確定申告とは別の手続きです)。

    経審もこの内容を前提にして審査を受けることになります。決算変更届を行わなければなりません。

  • ②経営状況
    分析申請

    登録経営状況分析期間に対して、建設業法の財務諸表、建設業許可証などを添付して経営状況分析を申請します。経営状況分析結果通知書を受け取り、これには経営事項審査のうち「経営状況(Y点)」の項目が記載されています。

    登録経営状況分析機関の一覧 リンク

  • ③経営規模等評価申請
    総合評定値の請求

    建設業の許可を受けている行政庁(各都道府県知事、地方整備局長等)宛に経営規模等評価申請をします。

    このとき、同時に同じ申請書で総合評定値の請求もできるので、忘れずに総合評定値の請求もしましょう。

  • 経営規模等評価申請、総合評定値の請求の際に必要な書類等は、こちらの経営事項審査の必要書類からご確認下さい。

    経営規模等評価申請の審査後のスケジュール

    経営規模等評価申請と総合評定値の請求をすると、およそ1ヶ月後に「経営規模等評価結果通知書及び総合評定値通知書」が発行されます。これには経営事項審査のうち以下の項目が記載されています。

    • 経営規模(X点)

    • 技術力(Z点)

    • その他の審査(社会性等)(W点)

    • 総合評定値(P点)

    ここまでで、経営事項審査申請の手続きは一旦終了です。Y、X、Z、W、Pのそれぞれの数値に関する詳しい解説はこちらの経営事項審査の審査項目からご確認下さい。

    入札参加資格審査申請

    経営事項審査を受け、これをもって公共工事を受注したいとお考えの会社は、「経営規模等評価結果通知書及び総合評定値通知書」を添えて入札参加資格審査申請を行います。入札参加資格審査申請について詳しい解説はこちらの入札参加資格審査とはをご覧ください。

建設業許認可ご相談の流れ

お問い合わせ

STEP1 お問い合わせ

お電話かお問い合わせフォームよりお問合せいただきます。

矢印
お打ち合わせ

STEP2 お打ち合わせ

お問い合わせいただいた内容に合わせてご希望をお聞きし、詳細をヒアリング致します。

矢印
ご提案の共有

STEP3 ご提案の共有

ご提案内容をおまとめし、ご案内し御見積をご提示し、ご確認いただきます。

矢印
ご契約、業務の遂行

STEP4 ご契約、業務の遂行

必要なご準備が整い次第、対象の業務を実施し、ご報告・ご説明いたします。

まずはお気軽に無料相談から
ご相談内容に応じて、最適なご案内をさせていただきます。

お問い合わせ

初回の無料相談から対応しております。
お気軽にご相談ください。
【受付時間】平日9時~18時

東京オフィス

03-6680-0097

仙台オフィス

022-369-3153

メールでのご相談
予約は24時間受付

PAGETOP