営業保証金とは

宅建業免許申請なら、おまかせください。初回の無料相談から対応いたします。

営業保証金についてのご説明をします。

営業保証金とは

不動産業を始めるにあたり、宅地宅建取引業者は「営業保証金」というものを法務局に供託する必要があります。
これは、宅建業者との取引で、「消費者が損害を受けた場合に弁済するお金を預けておく」というものです。 供託金は、主たる事務所で1000万円従たる事務所で500万円となっています。主たる事務所の最寄りの供託所へ、宅建業免許取得の日から3ヵ月以内に営業保証金を供託しなければなりません。
基本的に現金納付ですが、国債や地方債、国土交通省令の定める有価証券で納付することもできます。
この供託金が消費者への損害により還付され、供託すべき営業保証金に不足が生じた場合は、その不足分を納めなければなりません。
従たる事務所を閉じる場合や廃業する場合には、この保証金を取り戻すことができます。

宅建業免許申請ご相談の流れ

お問い合わせ

STEP1 お問い合わせ

お電話かお問い合わせフォームよりお問合せいただきます。

矢印
お打ち合わせ

STEP2 お打ち合わせ

お問い合わせいただいた内容に合わせてご希望をお聞きし、詳細をヒアリング致します。

矢印
ご提案の共有

STEP3 ご提案の共有

ご提案内容をおまとめし、ご案内し御見積をご提示し、ご確認いただきます。

矢印
ご契約、業務の遂行

STEP4 ご契約、業務の遂行

必要なご準備が整い次第、対象の業務を実施し、ご報告させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。
必要なご準備が整い次第、対象の業務を実施し、ご報告させていただきます。

お問い合わせ

初回の無料相談から対応しております。
お気軽にご相談ください。
【受付時間】平日9時~18時

東京オフィス

03-6680-0097

仙台オフィス

022-369-3153

メールでのご相談
予約は24時間受付

PAGETOP